匠の手新潟漆器

漆芸の技で竹を表す遊びの心

江戸から明治時代にかけ、北前船の寄港地として物資や文化の集散地であった新潟には、様々な地方から塗りの技法がもたらされ、独自に発展。いつしか時の流れとともに、他産地では途絶えてしまった技術と手間を要する多彩な塗りが、廃れることなく受け継がれ、現代では変塗(かわりぬり)の宝庫と言われる。特に竹塗は、漆を塗り重ねて竹の肌合いや風情を表現する、他産地では見られない非常に珍しい技法。かつて旦那衆が茶席などで粋を競いあったのであろう、日本の遊び心が育んだ驚きの技がここにある。

dennsann.jpg

新潟漆器(にいがたしっき)

江戸時代初期、秋田県能代の春慶塗(しゅんけいぬり)の伝播が始まりとされる。日用品を中心として一般家庭で使われ、今も新潟の多くの家庭で文庫箱やお盆が所有されている。産地を代表する竹塗のほか、花塗、石目塗など5種類の塗り技法が伝統的工芸品として指定されているが、30余りの変塗が存在する。
2014年、江戸後期から明治期に生きた漆芸家・柴田是新(しばたぜしん)の変塗を復活させるプロジェクトがスタート、若手を中心に新しい変塗創出への挑戦が始まっている。

○主な製造地域:新潟市、加茂市

【新潟市漆器同業組合】
 〒951-8114 新潟市中央区営所通1番町329
 電話 025-265-2968 FAX 025-265-3144
 Email 

URLICON.png 新潟市漆器同業組合
Facebook.png 新潟市漆器同業組合